まさ

まさ

青森県在住、冒険物が大好きで下手な物好きで初投稿しちゃいました。
2
少し勘が鋭い所も有るが、それ以外には特に取り柄も無い高校生(16♂)の海 千矢(カイ センヤ)。 今日も学校が終わり学校から歩いて20分の場所にある自宅に向かう。 部活に入っていない為、部活をしている面々を横目に家路を急ぐ。 そんな時、家と学校の丁度中間あたりに差し掛かった時、不意に見た事の無い路地が目に入り、その奥にはこれまた見た事の無い小さな店が見えた。 この道路を通い続けて1年弱、突然そこに存在した路地と店。 センヤは、その路地を何かに導かれる様に、その路地に足を踏み入れて行った。 それは同時に「海 千夜」と言う存在が、路地と共に地球上から消えた瞬間だった。 ※R指定は一応で付けました。 ※文字数は1500字前後の予定です。 場合によっては増減あり。 素人の作品です。暖かい目で読んでもらえればと思います(笑)
24hポイント 0pt
小説 37,458 位 / 37,458件 ファンタジー 13,406 位 / 13,406件
文字数 40,036 最終更新日 2018.07.06 登録日 2018.06.06
事故で死んでしまった主人公のマサムネ(奥田 政宗)は41歳、独身、彼女無し、最近の楽しみと言えば、従兄弟から借りて読んだラノベにハマり、今ではアパートの部屋に数十冊の『転生』系小説、通称『ラノベ』がところ狭しと重なっていた。 そして今日も残業の帰り道、脳内で転生したら、あーしよ、こーしよと現実逃避よろしくで想像しながら歩いていた。 物語はまさに、その時に起きる! 横断歩道を歩き目的他のアパートまで、もうすぐ、、、だったのに居眠り運転のトラックに轢かれ、意識を失った。 そして再び意識を取り戻した時、目の前に女神がいた。
24hポイント 134pt
小説 3,324 位 / 37,458件 ファンタジー 1,158 位 / 13,406件
文字数 266,624 最終更新日 2018.05.05 登録日 2017.11.08
2