1
SF 完結 長編
 俺はこの春、全寮制の高校に入学したのだが、日々の生活に違和感を感じていた。 しかし、何に対しての違和感であるのか、具体的に言葉に出来ない。 そんな俺は、違和感と幻覚の美少女に疑問を感じつつ、今日も高校の実習で宇宙船の操船技術を習っている。 ・・・・・宇宙船?? ちょっと待て、確か有人の宇宙船は銀河系はおろか、太陽系も出た試しは無いはずである。 しかし、ワープだとかループだとかの技術は知っているのが常識の筈である。 何かがおかしい・・・・ 常識的に知っている事と実感が噛み合っていないような気もするが・・・・・ 所で、エスター、お前って男だよな?
24hポイント 0pt
小説 73,697 位 / 73,697件 SF 2,374 位 / 2,374件
文字数 221,188 最終更新日 2015.10.31 登録日 2015.10.31
1