午後の紅茶

午後の紅茶

1
この前、 職場の先輩がわらび餅をみんなにと 買ってきてくれた。 有名なお店のわらび餅だったが 私はいつの通り忙しく 休憩もとれなく、仕事がおわると そのわらび餅はなくなっていた。 いつものことだった。 「秋元さん、このわらび餅超おいしかったー!!」と先輩が楽しそうに話している。 この職場、仲は決して悪くない。 だがいじめもない。ただただ 欠落した性格の上司、 自覚があるのかなくてやってしまっているのかわからないが、 人間力のない人間が多い。 どこの会社もこんなものかと 思い働き続けて3年目。 給料もまあまあ。 ただかなり下っ端としていいように働かされてる、アリみてえだなあ。 毎日思っている。 決して仕事が遅いわけでもない、 むしろできるほう。 できないことはない。 やりすぎてしまうのが原因かと思いやらないでいても誰もやってくれない。 だから私がやるしかないのだ。これ、いつになったら終わりがくるのか。 「だいたい仕事に楽しさなんて求めるのがおかしい」 同期は淡々としている。 この同期がいなかったら私は辞めていただろう。性格は全く違うがだからこそ私が落ち込んでも一緒に落ちるわけでもなく うまく協力してやっていけている。それだけで幸せかもしれないが 同期がいなかったらもっと早く転職もできていたかもしれないとも思う。 ただ、この仕事内容は自分にあっていると思う。手に職をつけて、ここでキャリアアップしたいと思っている。 人間関係ってここまで難しいものか。就職するまでの20年間、嫌な人とは関わらないでも生きてこれた。あ、中学の女バスはめんどくさいやつばっかで最悪だったな笑。 トラブってめんどくさかったけど同い年だから言いたいことは言えたし、対等に喧嘩して仲直りもできた。 職場は歴も上の人しかいない環境で、 言いたいことを言えないのが1番苦しい。私が人の気持ちを考えすぎる分、わかってもらえないのが意味不明で、 こちらが折れるばかり。話になんねえなといつも思う。 こんな人間にはなりたくない。そう思う人間しかいない組織で働いている私。気持ち悪い。 自分から毒素でまくってる気がしてる。 いつも朝礼で顔を見ると吐き気がしてるよ。性格が悪い上に、ブスだと、ブスだ。と改めて思って今日も笑顔で朝礼の進行もこなす。 これは嫌いな人間のなかで働いて、強くなっていく女の話ではない。 私は変わらない。さっさと先輩が辞めていくのを待つだけだ。その日記でしかない。共感する人はいるのだろうか? 自分の思いを書けることは嬉しい。 誰も変わってくれないし 私も変わらない なんだこの世の中くそだな と思いながら私は今日も営業している。笑顔で、いっらっしゃいませ。ようこそお越しくださいました。 もちろんだけどお客様は私の本性は知らない。 私は東京ではたらく大手企業のエステティシャンです。
24hポイント 0pt
小説 66,296 位 / 66,296件 エッセイ・ノンフィクション 1,932 位 / 1,932件
文字数 1 最終更新日 2019.08.27 登録日 2019.08.27
1