カリントウ

カリントウ

どうも。
1
一昨年事故にあって、ちょっと不自由な生活を送る小学6年生のコウスケのもとに、ある日突然謎の少女がやって来る。その少女__昴は「私が住んでる星に変な『カイブツ』がうろついてるから倒してほしいです。まあ、多分断ると思いますけど」と無理なお願いをしてきて…… 訳を聞くと、昴の魔法の杖と対になっているペンダントを身につけている人と一緒に戦うと有利になるから、らしい。 そのペンダントを持っている人が、コウスケだった………。 「よくわからないけど、いっちょやったりますか」 向かった先でコウスケは、衝撃的な事実を知る。 誤字脱字が多いかもしれないけど、ご了承下さい。
24hポイント 0pt
小説 59,076 位 / 59,076件 児童書・童話 1,102 位 / 1,102件
文字数 14,292 最終更新日 2019.07.08 登録日 2019.05.18
1