ロニー

ロニー

想像膨らましてがんばります!
1
人は、誰でも不思議な力を 持っている。 いわゆる第六感、霊能力 その類は、人を幸せにする 人を不幸にする。 僕は小6の時に不思議な感覚を 覚えるようになったのだと思う、 それは、祖母が亡くなった日 ショックで大泣きをしてしまって 多分、心配してくれたのだろう。 頭をなでてくれたような感覚 があった、まるで泣かないでって 言っているみたいに。 それは、僕の心の中で大きく たくましくなったきっかけのような 気がする。 それから、僕はまるで何もかも知ってる みたいに、人の心が手に取るように わかっていた。 僕が読み取れるのは、悲しみ寂しさ そして、感謝だった。 人と接するのには、 必要のない力だった。 ツイッターで亡くなった人の 写真とかが出ていると その人の心がいくら拒絶しても 流れてくる。 全く知らない、人なのに 写真にはない、ビジョン的な ものが、頭に浮かぶ。 僕は、不幸な人間だ。 人の辛さを勝手に共有してしまうのは とても悲しいし自分を無くしかけていた もちろんこのことは誰にも話せない 話せるわけがなかった。 そういや、1人話したことがある人が いた、昔よくあそんでいた親友の れんくん、よく朝とかに会うのだが おはよって言うだけであまり話してない 久しぶりに話してみることにした。 「いや~久しぶりだね! また遊べるなんて思ってなかった」 れんくん「そうだねーなかなか 忙しいもんな高校」 そんな、たわいもない話を30分ぐらい してから、本題にはいった。 「ねぇ、俺がれんくんにだけ言った 秘密のこと覚えてる?」 れんくん「あーなんか、人のこころが 読める的な話?」 「うん」 れんくん「それがどうしたんだ?」 「それがさ、今まで我慢したけど 我慢するのが嫌になってきたんだ この、個性を生かせる方法を考えて 欲しくて、」 れんくん「そういうことかよ笑 いいよ!まかせな!」 たくましい言葉がものすごく嬉しかった 僕たちは色々話し合い、 結論が出た、 れんくん「お前って悲しみとかの感情 を読めるけど感謝の感情も読めるん だよね?」 「うん、3つの中で1番容量のでかい 感情が、流れてくるよ?」 れんくん「そしたらさ!遺言探偵って どうよ!」 「遺言探偵?」 れんくん「そう!亡くなった人の 伝えられなかった言葉を親族に届ける これは、お前の個性を生かして 人を幸せにするいい解決策だと思う!」 「なるほど!なんかそれ あってる気がする!」 れんくん「よかったら、俺が 助手でもしてやるよ! 会員みたいな感じで!」 「じゃあ、お願いします!」 そして、僕らは、 遺言探偵になった。
24hポイント 0pt
小説 47,279 位 / 47,279件 ミステリー 1,264 位 / 1,264件
文字数 2,521 最終更新日 2016.06.08 登録日 2016.06.08
1