1
「え、転生って今時? まじで?」  新たな元号「令和」になったという時期に、マンガかラノベの世界の如くいきなり見知らぬ空間にすっ飛ばされてしまった。  そこで女神と称する少しアレな女性に色々と説明を受けていたが、内容は勇者になってとかよく有ることなのでここは割愛。  半信半疑ながら彼は考える。どうせ戻ってもブラック社畜だし彼女どころか友達もいないし新たな環境で何かをするのもありかもしれない。  なんとなく気持ちが異世界に行こうと傾きかけたとき異変が起こる。  突然目の前の女神が消え、そこには見えてはいけないものが……。 「なんだよこれ!」  それはこの世界の真実と裏側、全ては作られた虚構の世界。  始める前から、いきなりとんでもないネタバレされてしまうのである。 「嘘だろ……」  今更地球に戻すのもめんど……いや難しいので、なんとしてもこの世界にいてもらう。  彼は無理矢理現地に放り出されるのであった。 「おい、今面倒って言いかけただろ! このっ、憶えてろよ!」  そして落とされた先は中世ファンタジーの剣と魔法が飛び交い、魔物が闊歩しアンデッドが徘徊する危険な世界だった。  本当に転生モノなのかと途方に暮れていると当然の様にトラブルが向こうからやってきて巻き込まれてしまう。  強力な武器も魔術もなく、あるのはショボいステータスに職業はニートで当然レベルも1。  そんな最弱な彼は世界を制御するシステムを逆手にとって利用する手を思いつく。  そこから最強へと突き進むのである。 「いや最強とか突き進むとか、どうでもいいんだけど」  ちょっ……、主人公がそれでどうするんだよ。
24hポイント 320pt
小説 3,109 位 / 85,220件 ファンタジー 749 位 / 24,615件
文字数 551,150 最終更新日 2020.10.29 登録日 2020.09.22
1