4
【コミック版①~⑥発売中&⑦は11/29発売(ライドコミックス)】 【書籍版①~④巻発売中(GCノベルズ)】  黒野幸助は、復讐者だった。  陵辱の果てに凍死という非業の死を遂げた最愛の妹。  その仇を討つ為、当時十三歳だった幸助は、あらゆる手を講じた。  そして、五年の時を掛けながら、復讐を果たしたのだ。  だが、犯人を殺す為だけに生きてきた幸助は、復讐を果たした時、それ以降を生きる気力をたもつことが出来なかった。  だから、犯人を殺したのと同じナイフで、自分の首を、掻き切ろうとする。  しかし、そこで、声が聞こえた。 『勿体無いのではないか?』  気付いた時、そこは既に自分の居た場所、居た日本、居た世界ではなく。  ――異世界だった。
24h.ポイント 7pt
小説 125 位 / 21,306件 ファンタジー 63 位 / 8,273件
登録日 2016.04.22
【Web本編完結&番外編不定期更新】 【コミック版①~⑦発売&⑧は10/6発売予定!(ガンガンコミックスUP!)】 【書籍版①②発売中&③は9/14頃発売予定!(GAノベル)】 『人と魔族が争って勇者が魔王を討伐……』なんてのは遠い昔の話。 現代では冒険者も魔族も勇者も魔王も命を懸けない職業に過ぎない。 世界が平和になり、ダンジョン攻略がエンターテインメント化した時代。 冒険者も魔物も魔力で作られた分身を用いて戦う、誰も死なないダンジョン攻略が大人気に。 大陸中で攻略映像が配信されている中、僕の所属する勇者パーティは世界第四位の人気パーティだった……のだが。 パーティーメンバーは五人という規程があり、黒魔導士なんて不人気ジョブは三位以上に登りつめるには邪魔だと言われてしまう。 そうして無職になった僕は次のパーティーを探すがまったく見つからない。 ある日、そんな僕の前に金髪紅目の美女が現れて仕事があると言った。 かつての仲間よりも能力を高く評価してくれた美女に感激した僕は、詳しい内容を聞く前に面接を受け入れてしまう。 足を運ぶとそこは最深部到達パーティーゼロを誇る最高難度ダンジョン・魔王城で、四天王と魔王が僕を待っていた。 これは勇者パーティーを追い出された黒魔導士が、魔王軍に入り勇者たちを撃退する側に回る話。 ※最高順位【総合】日間1位、週間1位、月間1位、四半期1位※ ※カクヨムにも掲載※
24h.ポイント 0pt
小説 21,306 位 / 21,306件 ファンタジー 8,273 位 / 8,273件
登録日 2019.05.12
【書籍化&コミカライズ決定】 【書籍版①は10月10日発売!】 「ゾンビが人を噛む理由を知ってるか? あれは――祝福なんだ。ゾンビになった俺が言うんだから、間違いない」 ゾンビパニックに見舞われた剣と魔法の世界の話。 ただし、誰もが想像するような、生き残りを掛けた激闘の日々を描く物語ではない。 主人公アルは、最強を目指す聖騎士の青年。 だがある日、彼はあっけなくゾンビに噛まれ、当然のように『動く死者』になった。 妙なのはここから。 アルはゾンビになっても人の心を失わなかった。 聖騎士として、人に危害を及ぼすゾンビを狩って狩って狩りまくり――気づけば数百年。 肉は腐り落ちて、残ったのは骨だけ。 スケルトン剣士となった青年は、結界により隔離された街に、ただ一人佇んでいた。 ある日、そんなアルのもとに一人の――生きた少女が現れる。 「貴方には、わたしの聖騎士になって頂きたいのです」 被害地域十二箇所を結界で封印することによって、ゾンビパニックを乗り越えた異世界。 いまだ魂を囚われた死者たちを救うべく設立された、祓魔機関。 死者を還す『聖者と聖騎士』を育成する学園に、少女と共に通うよう提案される。 そして――「全ての封印都市には特別な死者がいます」 「いいぜ。十二体の特別な死者を、俺が殺そう」 「……それは出来ません」 「なんでだよ」 「その内の一体は、貴方だからです」 「……あぁ」 特殊な魔法で、再び人の身を得るアル。 ゾンビ化の呪いを振りまいた悪しき魔女の血を引く少女、アストランティア。 最強の剣士と魔女の末裔は契約を結び、殺せぬ死者を殺しつくす。 ※最高順位【ハイファンタジー】日間1位、週間3位、月間3位※ ※カクヨムにも掲載※現在週1更新※08/05サブタイ変更※
24h.ポイント 14pt
小説 78 位 / 21,306件 ファンタジー 43 位 / 8,273件
登録日 2023.09.24
【書籍版①~③発売中(ガガガブックス)】 この世界には六人の英雄がいる。 魔法の【賢者】、回復の【聖女】、剣術の【剣聖】、弓術の【魔弾】、知略の【軍神】、そして――万能の【勇者】。 特に勇者は幼少期から他の五人に鍛えられたことで、人類最強に相応しい力を持っていた。 そんな勇者は十五歳になったある日――魔王軍に寝返ってしまう。 洗脳でも、人質をとられたわけでも、力で屈服させられたわけでもない。 理由は単純――「え、だってこっちの方が待遇いいし……」 美味しいご飯とふかふかベッドに大きなお風呂、可愛いメイドさんに、優しい四天王に親身になってくる魔王様と、更には友達まで出来た。 過酷な訓練と命のやりとりばかりの人類より、魔王軍の食客(ヒモ)やってる方が幸せ。 人類から離脱した世界最強の、明るく楽しいヒモ生活が始まる――!! ※最高順位【総合】日間1位※カクヨムにも掲載
24h.ポイント 4pt
小説 214 位 / 21,306件 ファンタジー 86 位 / 8,273件
登録日 2023.09.26
4