1
「期待してるぞアルカ。アイリスもだがお前たちはアレキサンダー家の私の自慢の息子なんだからな」 父さんはそう言い僕の方に手を置く、多分緊張をほぐそうとしているんだろうが僕にとってはむしろ逆効果で 「任せてよ父さん。なんて言ったって僕は父さん。レイド・アレキサンダーの息子なんだから」 自分への期待をさらにあげる。 ────そして
24hポイント 0pt
小説 46,872 位 / 46,872件 ファンタジー 15,666 位 / 15,666件
文字数 85,804 最終更新日 2017.12.23 登録日 2017.08.11
1