緑青白桃漠

緑青白桃漠

小説初めて書きます。基本的は小説家になろうで掲載してます。趣味程度なので更新遅いです。先行最新話は小説家になろうで公開中です。こちらも順次一括公開します。
1
ファンタジー 連載中 長編 R15
 とある田舎町、水﨑レンは普通の高校生ライフを過ごしていた。  だか、帰宅中おばあちゃんを助ける際にトラックに轢かれて俺の人生は終わった。  その後、天界で女神セレスティアから「あなたを護ってあげたい」とか、言われながら俺は新しい世界で、レン・フォワードに転生し新しい人生を歩む予定だった。  しかし、そこで出会うヒロインや仲間は最強すぎた。  しかも「私はレン君を護ってあげますね」とか「レン、どこか行くなら必ず俺を連れてけ、お前を必ず護る」とか、何で俺護られてるの。 女神も「護ってあげたい」とか言ってるし。  俺を護って何のメリットがあるのごく普通の平民なのに、更に女神からはプレゼント渡されるはで、一体俺をどうしたいんだよ。  俺、普通に戦えるし、魔法や召喚だって出来るのに、戦う仕草をするだけでヒロインや仲間に防御魔法をかけられる始末、挙げ句に教えないで一人で行動すると、どこで嗅ぎ付けたのか必ず見つけ付いて来る。  俺は早く魔法騎士学園を卒業して一人で、ギルドを通して世界を冒険したいが、ヒロインや仲間が許す筈もない 「俺、一生護られてる人生やだよ」と思いつつ今日も護られない日々を模索しながら異世界生活を過ごしていたのだ。
24hポイント 92pt
小説 4,889 位 / 47,075件 ファンタジー 1,431 位 / 15,728件
文字数 1,356,235 最終更新日 2019.03.17 登録日 2018.02.20
1