甘党でやる気ないおおかみ

甘党でやる気ないおおかみ

1
 あるクリスマスの日、人間らしくない主人公 「僕」 は人間らしい怪物 「人猿」 に襲われる。再び目覚めた時には、体と心臓が他人の体のモノと入れ替えられていた。魔法使協会に保護されたのち、人猿を止めるために協会の一員になることを決意する。 『道具の能力を極限まで引き出せる』魔法を使えるようになるが・・・ 悪夢に触れ、人に触れ、魔法に触れ、「僕」はどう生きるのか。
24hポイント 0pt
小説 91,439 位 / 91,439件 ライト文芸 3,792 位 / 3,792件
文字数 200,317 最終更新日 2020.10.07 登録日 2020.09.11
1