1
SF 連載中 長編 R15
生まれてすぐに両親を亡くした双子の兄弟を、サイボーグ実験のために利用した化学組織があった。 その施設で双子はサイボーグとして生かされていた。 大人の体になってから自我を持たされ、一般の学習を行わせたり普通の暮らしをしていた双子だったが 頭の中だけは普通の人間である双子は、人々の暮らしや愛について考え方がすれ違ってしまう。 戦争が愛を作ると考えた兄は、サイボーグの体で世界を支配していってしまうのだが・・・。 自分の中でも結末がわからない作品です。それは、自分がキャラクターや考え方を描いていく上で、 争いはあってはならない or 争いがあり、死と隣り合わせだからこそ本物の愛が芽生える というこの世界の話で、どちら側の考えになるかがまだわからないからです。 結末が気に入ってもらえないとしても、最後に何かを訴える そんな作品になっていれば良いなと思っています。
24hポイント 0pt
小説 95,867 位 / 95,867件 SF 2,883 位 / 2,883件
文字数 3,494 最終更新日 2020.12.07 登録日 2020.12.06
1