「職業の選択」を間違わないためにやるべき事

頭でスマートに考えるタイプの人は大きな困難に直面したときに逃げ出してしまう傾向にあります。

大きな困難とは多くの場合で「頭で考えていた前提が崩れたとき」です。そして仕事や人生における前提とは、自分自身ではコントロールできない要素に大きく左右されるものであるがゆえに、崩れるのが当然なのです。

反対に、ハートに従ってパッションを持って飛び込んだ人は継続する可能性も高いですし、少なくともそこから学び、羽ばたく可能性も高いのです。

なぜなら、職業選択自体が、困難をものともしない「リアルなモチベーション」に基づいた自分自身の意思決定だからです。

仕事とは結果です。

そして結果とは情熱をもって最後までやり通したか否かで決まります。ですから、「自分のパッションがそこにあるのであれば」飛び込むべきですし、「最先端そうに見える」「将来性がありそうに見える」という理由であれば避けるべし、という事です。

なお、いかにしてパッションを持てる仕事を選ぶか、については私の過去の著作などをご参照いただき、一例として参考にされるとよいと思います。

学生のうちに悩み、考え、突き詰めていく

さて、どんな基準で大学や学部を選ぶか、ですが、ずばり「リアルな結果を出しているか」と「実務や現場との距離は近いか」です。

リアルな結果とは、自分が行きたい分野で卒業生は活躍しているか、です。誤解を恐れずに言えば、大学とは若者を社会人として活躍できるように育てる場です。であるがゆえに、大学という場の最終アウトプット、すなわち何で評価されるかは卒業生であり、その質なのです。

したがって、リアルな結果として卒業生が活躍しているか、が重要なのです。

加えて、実社会との近さ、これは見ておきたいですね。要は学問だけのお勉強にとどまりたいのか、職業訓練の一部まで踏み込めるのか、の違いです。

最近では実務経験をもった方が授業の一部または全部を担当されたり、実際の会社や現場と触れ合う機会を多く提供する学校も増えてきています。リアルなモチベーションを持つためにも、ぜひそのようなリアルに近い雰囲気で学べる環境を探したいですね。

いずれにしても職業選択には正解はありませんから、学生のうちにどの分野で自分がパッションを持って取り組めるかを考え、突き詰めるといいでしょう。

学生のうちに、キャリアについて真剣に悩めば悩むほど、仕事においては成功するものですから、大いにこの先も悩みつつ、自分にとっての正解を見つけてみてください。

光さんが生涯をかけて戦いたいと思える場を見つけ、その道を自分を信じて突き進まれることを応援しております。

(文=安井 元康:『非学歴エリート』著者)