新刊案内

〝好き〟を仕事に変える 〝好き〟を仕事に変える

人生には、100人いれば100通りのドラマが存在する。 しかしその中で、「好きなこと」をやり抜くことで生きている人は、 実のところそう多くはない。本書では、「好き」を仕事に変えた12名の激動の人生に耳を傾け、 あらゆる選択肢の中から、どのようにして自分らしく、心から生きがいを持って生きてきたのかを探る。 「好き」を働く原動力に変え、自分の道を開拓してきた者だけが辿り着くことができる景色から、 人生のヒントが浮かび上がる。

■単行本 ■定価1,400円+税 ■2017年7月31日発行

本書収録の記事

本ページでは01~04までご覧いただけます。05以降の記事については書籍にてお楽しみ下さい。

01「コーヒーハンター」川島良彰
世界中を飛び回るコーヒーハンターの豆一粒への愛情とこだわり

02「絵本の読み聞かせ屋」坂口慶
夜の路上で始まった絵本の読み聞かせ「聞かせ屋。けいたろう」という生き方

03「特殊メイクアップアーティスト」江川悦子
特殊メイクのパイオニアとして活躍し続けてきた、試行錯誤と挑戦

04「落語家」春風亭一之輔
“好き”を極める中で見出した独自の「ハマり力」と「やわらかい軸」

05「靴職人」山口千尋
やりたいことを極めていけば、本当に“やるべきこと”が見えてくる

06「調香師」内山愛子
日本中に香りと幸せを広げる「魔法のしずく」を生む調香師

07「作曲家」佐藤直紀
『ALWAYS三丁目の夕日』や『龍馬伝』、超人気作曲家が大切にしていること

08「スタジアムDJ」パトリック・ユウ
スポーツを愛するDJが作り出す熱気に満ちた空間

09「パン・ケーキ職人」多以良泉己
競輪レースの大事故から奇跡の復活!!“天使のパン・ケーキ”職人の生き様

10「パントマイミスト」藤倉健雄
沈黙を破ったパントマイムが魅せる、「好き」をやり遂げる道とその姿

11「書家」矢部澄翔
「続ける才能」で実現した書家の道。世界に発信する「書」の“感動力”

12「国産腕時計メーカー」遠藤弘満
「Made in JAPAN」にこだわるオリジナル腕時計ブランドの系譜


著者プロフィール

著者:沖中幸太郎 OKINAKA.Kotaro
オーラルヒストリーのインタビュー手法を用いて、「一緒に思い出す時間」を創るインタビュアー。
作家、経営者、学者、アーティスト、政治家、伝統工芸職人など、10代から100歳代まで、さまざまなジャンルの人物のライフヒストリーを聴く。
手がけたインタビューは1000人以上。
また、インタビュー連載のほか手法や哲学を活かした教室プログラムも実施。
1982年生まれ。