生克五霊獣

時は戦国時代。
人里離れた山奥に、赤子を棄てるとおぎゃあと泣く前にその子は消えるという。踏み入れた者は、戻ってこない。
人はそこを子捨ての里と呼び、里の住人を闇忍と呼んでいた。
忍と呼ばられるが忍にあらず。
そこに住むのは不思議な術を使い、独自の文明を持った人々だった。
その里に、波乱がおきようとしていた。
24hポイント 0pt
漫画 2,887 位 / 2,887件 一般男性向け 833 位 / 833件