上 下
8 / 109

家治は側用人の忠友のアドバイス通り、奏者番の意知を若年寄に進ませる件で溜之間詰の松平頼起と井伊直幸の意見も聞くべく御休息之間下段に召し出す。

しおりを挟む
しおりを挟む