上 下
9 / 107

定溜の松平頼起と井伊直幸は側用人の水野忠友の案内により将軍・家治が待つ御休息之間へと足を運ぶ

しおりを挟む
しおりを挟む