4
恋愛 連載中 長編
ある日突然、公爵令嬢であるシフィア・ネーゼストは不思議な夢を見た。それは妹に婚約者を奪われ、失意のうちにこの世を去ってしまうという鮮明過ぎる未来の夢であった。 そんな未来があり得る筈がない。 はじめはそう思っていたシフィアであるが、あの時見た夢通りに進む日々を前にして、彼女はその考えを改めざるを得なかった。 これは、己の未来を知り、待ち受けているであろう悲劇過ぎる末路から逃れるべく、奮闘をするシフィアの物語。
24hポイント 284pt
小説 4,129 位 / 83,297件 恋愛 1,933 位 / 22,061件
文字数 2,689 最終更新日 2020.08.29 登録日 2020.08.26
恋愛 連載中 ショートショート
「僕の運命の相手は君じゃない。聖女の生まれ変わりである彼女こそが、僕にふさわしい」  そう告げられ、婚約者から一方的に婚約破棄をされた侯爵令嬢シア・アンネローゼには前世の記憶というものが備わっていた。  それは己がかつて聖女と呼ばれ、ある少年を助けたが為に命を落としてしまったという前世の記憶が。  婚約破棄を告げられてから三日後。  そんな彼女の前に、一人の男が姿をあらわす。  その男の正体はニコラス・ヴィルド。  それは、聖女と呼ばれていた頃の私が最後に助けた少年の名であり、現、ヴィルド皇国の皇帝陛下であった。
24hポイント 85pt
小説 8,196 位 / 83,297件 恋愛 3,629 位 / 22,061件
文字数 1,990 最終更新日 2020.08.28 登録日 2020.08.28
恋愛 連載中 長編
国を守護する〝聖女〟の家系であるアスヴェリア伯爵家。その若き当主であったユア・アスヴェリアは過去例をみない程に優秀な人間であった。 しかし時を経るにつれ、〝聖女〟という存在は軽んじられるようになり、どれだけ国に尽くそうともそれを正当に評価はされなくなってしまっていた。 そんな日々に辟易するユアであったがある日、彼女が仕える国の王子殿下より、「過去の栄光に縋るだけのお前のような人間はこの国にはいらん! 出て行け!」と告げられる。 これは、「あ、そうですか? じゃあ殿下のお望み通り出ていきますね」と、国を後にし、その後、身を寄せた他国にてとんでもない活躍をしちゃうユアの話である。
24hポイント 894pt
小説 1,643 位 / 83,297件 恋愛 848 位 / 22,061件
文字数 4,368 最終更新日 2020.08.27 登録日 2020.08.03
恋愛 連載中 長編
公爵令嬢として生を受けたセフィリア・アインベルクは己の前世の記憶を持った稀有な存在であった。 それは『精霊姫』と呼ばれた前世の記憶。 精霊と意思疎通の出来る唯一の存在であったが故に、かつての私は精霊の力を借りて国を加護する役目を負っていた。 だからこそ、人知れず私は精霊の力を借りて今生も『精霊姫』としての役目を果たしていたのだが————
24hポイント 426pt
小説 2,965 位 / 83,297件 恋愛 1,467 位 / 22,061件
文字数 5,281 最終更新日 2020.08.03 登録日 2020.05.10
4