もう我慢する気はないので出て行きます〜陰から私が国を支えていた事実を彼らは知らない〜

公爵令嬢として生を受けたセフィリア・アインベルクは己の前世の記憶を持った稀有な存在であった。

それは『精霊姫』と呼ばれた前世の記憶。
精霊と意思疎通の出来る唯一の存在であったが故に、かつての私は精霊の力を借りて国を加護する役目を負っていた。
だからこそ、人知れず私は精霊の力を借りて今生も『精霊姫』としての役目を果たしていたのだが————
24hポイント 433pt
小説 2,785 位 / 83,120件 恋愛 1,390 位 / 21,975件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

病弱を言い訳に使う妹

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:145915pt お気に入り:6395

元邪神って本当ですか!?〜万能ギルド職員の業務日誌〜

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:15101pt お気に入り:7250

悪役令嬢、職務放棄

恋愛 / 完結 24h.ポイント:4964pt お気に入り:2705

泉の精の物語〜創生のお婆ちゃん〜

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:661pt お気に入り:170

魔王城のベビーシッター

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:38547pt お気に入り:5549

グリフォンに転生した...らしい。

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:3798pt お気に入り:338

転生初日に妖精さんと双子のドラゴンと家族になりました

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:6973pt お気に入り:3899