上 下
31 / 109

喜八郎は忠休が待つ新番所前溜へと岩本正利を案内すると、そこで事情を打ち明ける。

しおりを挟む
しおりを挟む