上 下
30 / 107

喜八郎は奥右筆組頭時代、散々、「カツアゲ」してきた普請奉行の青山但馬守成存から「リベンジ」される。

しおりを挟む
しおりを挟む