上 下
29 / 107

橋本喜八郎は岩本正利を呼び出すべく、下三奉行の詰所へと足を運び、しかしそこで喜八郎は下三奉行から侮蔑が込められた視線を投げつけられる。

しおりを挟む
しおりを挟む