上 下
14 / 22

大工の仕事にありついた次郎吉はアサカと共に祝杯を挙げるべく再びカフェへと訪れ、そこで平賀源内と邂逅する

しおりを挟む
しおりを挟む