しまうま

しまうま

よろしくお願いします。小説家になろうで小説を書いています。ぜひ読んでみてください!!!
16
転生特典で好きな能力を貰えます! 何が欲しいか悩むなら、いくらだって悩んでいいんですよ! ここでは時間は経過しませんからね! 女神さまにそう言われて、僕が1500年かけて選んだのは不老不死だった。 死ぬことがなければたいていのことには対応できる――。 そんな僕の危機感ゼロの異世界ライフが、いま、始まる――!
24hポイント 14pt
小説 5,755 位 / 25,440件 ファンタジー 2,208 位 / 9,348件
文字数 56,854 最終更新日 2016.10.24 登録日 2016.08.25
ごく普通の高校生久慈啓太が、超能力の悪用を阻止する「超能力規制委員会」の少女、春見結衣と出会い、超能力に目覚めていくライトノベル風作品です。
24hポイント 0pt
小説 18,344 位 / 18,344件 ファンタジー 6,684 位 / 6,684件
彼女「カオリ」と僕のちょっとしたすれ違いのお話。短いです。
24hポイント 0pt
小説 18,344 位 / 18,344件 恋愛 5,126 位 / 5,126件
うちのかわいい猫についてのエッセイです。
24hポイント 8pt
小説 2,417 位 / 18,344件 大衆娯楽 48 位 / 523件
一ヶ月近く東京に遠征してひたすら受け続けた大学入試が終わり、地元に戻ってきた僕は、遠征中に届いていたチョコレートを見つける。それは気になる後輩から届けられた、バレンタインのプレゼントだった―― という感じの恋愛小説です!
24hポイント 0pt
小説 18,344 位 / 18,344件 恋愛 5,126 位 / 5,126件
誰もいないはずの音楽室でピアノの音が聞こえる。幽霊がピアノを弾いているんじゃないか。そんな噂を聞いて、本当は何の音がしているのか確かめるお話です。
24hポイント 0pt
小説 18,344 位 / 18,344件 ホラー 721 位 / 721件
私の周囲で動物がいなくなるはなしです。 鯉、ウサギ、鳩が死にます。
24hポイント 0pt
小説 18,344 位 / 18,344件 ホラー 721 位 / 721件
学校にお化けが住んでいる。 そんな噂が流れた学校で、つぎつぎと異変が起こる。 それに巻き込まれた私の友人が、学校に来なくなってしまう。 友人に安心して学校に来てもらうために、私はお化けに会いに行くことを決める。 そこにいたのは――というお話です!
24hポイント 0pt
小説 18,344 位 / 18,344件 ホラー 721 位 / 721件
寝不足になりながらもなんとかイベント用の原稿を書き上げようとする私は、コーヒーを淹れて眠気を覚まそうとする。 そのとき不思議なことが起きる。 コーヒーのなかに少女がいる。 それはコーヒーの妖精だった。 ――という感じのお話です!
24hポイント 0pt
小説 18,344 位 / 18,344件 ホラー 721 位 / 721件
親友の川田隆史とともにトラックに轢かれた藤本純一は、見知らぬ部屋で目覚める。 川田によると、藤本たちは轢かれた拍子にファンタジーの世界に弾き飛ばされたらしい。 そして、川田は衝撃的な発言をする。 「藤本、お前は人間じゃなくなったんだよ」 さらに、藤本たちが目覚めた場所は、魔王が住む宮殿だった。
24hポイント 0pt
小説 18,344 位 / 18,344件 ファンタジー 6,684 位 / 6,684件
かゆくなった腕をかき続けているうちに、私は腕の皮膚をはがしてしまう。 そのなかからあわられたのは、白くてつやつやした細長いつぶつぶだった
24hポイント 0pt
小説 18,344 位 / 18,344件 ホラー 721 位 / 721件
ホラー 連載中 短編 R15
中学生の私は、公園で巨大ウサギを見つける。 その飼い主のおばさまは、見つけてくれたお礼にと、私にお菓子をくれたのだった。
24hポイント 0pt
小説 18,344 位 / 18,344件 ホラー 721 位 / 721件
楽しかった臨海学校は突如として終わりを迎える。 肝試しが開催されることになったのだ。 うす暗い森の中を進む私たちは、そこにあるはずのないものを目撃することになる。
24hポイント 0pt
小説 18,344 位 / 18,344件 ホラー 721 位 / 721件
私の頭の中で声がする。 それはどこかで聞いたような、女性の声だ。 声が消えるとき、バチンとスイッチの切れる音がする。 だから、テレビの音が聞こえているのだと思う。
24hポイント 0pt
小説 18,344 位 / 18,344件 ホラー 721 位 / 721件
憧れのフィリップ先輩に話しかけられ、妄想を膨らませる私は先輩との身分の差に頭を悩ませるようになる。 いま、同じ学院の生徒であるうちに自分想いを伝えておかないと、もうこんな風に気軽に話をすることはできないかもしれない。 焦る私が見つけたのは、一冊の本だった。 そこにはチョコレートを贈ることで想いを伝える、とある地方の風習が書かれていた。 これだ! と直感した私は、フィリップ先輩にチョコレートを贈ることに決める。 ちょうどその頃、私の兄で重度のシスコンでもあるサイモンは、私のために可愛らしいパンティーを買ってきていたのだった。
24hポイント 0pt
小説 18,344 位 / 18,344件 ファンタジー 6,684 位 / 6,684件
「ねえねえ、裏野ドリームランドのウワサ、知ってる?」 観覧車から「助けて」と声がする。 そんなウワサを聞いて、私たちは裏野ドリームランドへ行ったのだった。 夏のホラー2017に参加予定です。 観覧車のウワサの公式企画で書いてみました。
24hポイント 0pt
小説 18,344 位 / 18,344件 ホラー 721 位 / 721件
16