天草一樹

天草一樹

館ものや孤島もののクローズドサークル愛好家です。 基本的には「小説家になろう」で執筆した作品の一部をこちらに投稿する予定です。宜しくお願いします
8
突如見知らぬ館に監禁された十三人の男女。彼らはそれぞれ過去に完全犯罪を成し遂げた者たちであり、それゆえにとある実験兼ゲームの栄誉ある被験者として選ばれた。そのゲームの名は『キラースペルゲーム』。現代の科学では解明されていない、キラースペルという唱えるだけで人を殺せる力を与えられた彼らは、生き残りが三人となるまで殺し合いをするよう迫られる。全員が一筋縄ではいかない犯罪者たち。一体誰が生き残り、誰が死ぬのか。今ここに究極のデスゲームが幕を開ける。
24h.ポイント 0pt
小説 187,049 位 / 187,049件 ミステリー 4,174 位 / 4,174件
文字数 366,683 最終更新日 2023.02.11 登録日 2020.03.01
ある館に集められた二十四人の男女。その館で、オオカミ使いと名乗る男から突然命を懸けたゲームに参加するように命じられる。生き残れば最低でも十億円という大金が得られるゲーム。一見して生き残ることは容易に思えたゲームだったが、徐々に仲間はオオカミ使いの魔の手にかけられていく…。最後は絶対ハッピーエンドで締めくくりたい作者が贈るサバイバルミステリー。
24h.ポイント 42pt
小説 17,414 位 / 187,049件 ミステリー 128 位 / 4,174件
文字数 209,877 最終更新日 2019.05.03 登録日 2019.05.02
「千里! 新しい物語を思いついたんだ、ちょっと解いてみてくれないか」 ある日の放課後、友人の橘礼人が突然そう声をかけてきた。その日は久しぶりにバイトがなく、家でゆったり過ごしたかった俺はすげなく断ろうとするが、強引な誘いに根負けして引き受けることに。礼人が語る物語、タイトルを『トマトジュース館の殺人』といい、トマトジュース館という奇妙な館に集まった四人のトマトジュース発明家のうち、一人が奇妙な状態で殺されるというものだった。一体だれが犯人なのか推理してみてくれと言われ、俺は面倒に思いながらも思考を始め―― 読者への挑戦(?)が入っています。もしお暇であれば、少し考えてみてください。
24h.ポイント 0pt
小説 187,049 位 / 187,049件 ミステリー 4,174 位 / 4,174件
文字数 28,137 最終更新日 2019.05.02 登録日 2019.05.02
僕らの住む村には、角島にあるかの有名な館を模倣して建てられた『八角館』なる建物が存在する―― とある小さな村において、一人の女子生徒――芳川千世――が夜、学校の屋上から転落して事故死するという事件が起きる。女生徒の幼馴染である一之瀬司は、そのことを不可解に感じ思い悩むも、何もできずに鬱々とした日々を送っていた。そんなある日。一之瀬を含めた六人の学生が黒い覆面をかぶった何者かに襲われ、八角館と呼ばれる奇怪な館に拉致されてしまう。そこにはゴーストを名乗る誘拐犯から一通の脅迫状が置かれており……。 壁を通り抜け殺しに現れる殺人者の手から、学生たちは無事に逃れることができるのか。緊迫の本格風ミステリー。
24h.ポイント 85pt
小説 11,220 位 / 187,049件 ミステリー 87 位 / 4,174件
文字数 73,933 最終更新日 2019.05.02 登録日 2019.05.02
弱みを握られた五人の男女は、脅迫者の指示に従い、山奥の山荘に呼び出される。山荘内にて、脅迫者からやや不可解な指示を出され、しばらくの間それぞれ個室で待機する五人。しかし、言われた時間になってもやってこない脅迫者の姿に部屋を抜け出した彼らは、そこで死体となった脅迫者を発見する……。
24h.ポイント 0pt
小説 187,049 位 / 187,049件 ミステリー 4,174 位 / 4,174件
文字数 37,523 最終更新日 2019.05.02 登録日 2019.05.02
友人とハイキングに来ていた際、ちょっとした油断から皆とはぐれ一人迷子になってしまう。何とか合流しようと山の中を練り歩くも、仲間の姿は一向に見えない。いつしか空も暗くなり、体力も限界に近付いてきたころ。不意に一軒の巨大な館を発見する。夜の暗闇から逃れられることに安堵しつつ館を尋ねるが、中には館の持ち主はおらず、代わりに同じ状況の遭難者が何人も集まっていた。こんな珍しいこともあるのかと不思議に思っていると、遭難者の一人が姿を消し、さらに館から出られなくなり……そして再び館が外界から繋がったとき、新たに『死神探偵』と呼ばれる探偵が迷い込んできて――
24h.ポイント 0pt
小説 21,303 位 / 21,303件 ミステリー 561 位 / 561件
登録日 2022.11.18
ある晴れた日の公園でのこと。一風変わった高校生三人が、毎日公園に現れるとある男について話し合う。その男は、毎日同じ時間・同じ服装でその公園を早歩きで通りすぎる。いったい彼は何者なのか? 彼の目的は何なのか? 荒唐無稽な推理が次々と繰り出されるが、その中に真実は含まれているのか。 公園という舞台から一歩も動かない、若干下らぬ日常系ミステリ
24h.ポイント 0pt
小説 21,303 位 / 21,303件 ミステリー 561 位 / 561件
登録日 2022.11.18
悪魔――神の命に従い、地獄に落ちた畜生共に罰を下し、永遠の苦しみを味合わせることを生業とする者。彼らは時折、退屈を紛らわすためにとある遊戯を行っていた。遊ぶのに適した畜生を招集し、蘇りをかけた推理ゲームを行わせる『悪魔の遊戯』。遊戯の内容はいたってシンプル。招集した畜生の中に一体だけ紛れ込んでいる悪魔を特定、または殺すこと。その具体的なルールは次の通り。 一つ。各遊戯には悪魔が一体だけ紛れている。 一つ。悪魔の役割は参加者を皆殺しにすることである。 一つ。悪魔は特殊能力を一つだけ所持している。 一つ。悪魔を特定する、または殺害することができれば、その時点の生存者全てが次のゲームに進むことができる。 一つ。悪魔を特定した際には、「エウレカ」と唱えて十分以内にその者が悪魔であることを示し、告発された者を除く生存者の過半数の賛同を得る必要がある。過半数の賛同を得られなかった場合、その者は脱落となる。 一つ。特定した者が悪魔でなかった場合、「エウレカ」と唱えた者及び賛同した者全員が脱落となる。 一つ。生存者が三名となった時点で、悪魔は正体を現す。その後はルールが変更となり、悪魔を殺すことだけが勝利条件となる。 一つ。「エウレカ」と唱えてからの十分間は、一切の暴力が禁止される。 一つ。参加者は最初の部屋にいる者のみとする。 今宵も悪魔に見初められた哀れな畜生が、自身の知恵を振り絞り蘇りをかけた遊戯に挑戦する。
24h.ポイント 0pt
小説 21,303 位 / 21,303件 ミステリー 561 位 / 561件
登録日 2023.02.11
8