不知火 氷雨

不知火 氷雨

小説投稿を始めました、不知火 氷雨と申します。拙い作家ですが宜しくお願いします。
1
「貴方には異世界に来ていただきたいのです!」 「......はい?」 両親を亡くし、孤児の紅月 蒼司はある寂れた神社で異世界の女神を名乗る女性と出会う。だが、彼は知らない。この出会いによって波乱万丈な人生へと変わってしまい、戦いの中へその身を投じていくことを―――! 「......そんなことより胸デカイなぁ」 「どこ見てるんですかっ!!」 投じていく......はずだ。 どうも不知火氷雨と申します。拙い文章ですが読んでいただければ幸いです。 ※表紙はヒロインです。友人のイラストレーターに描いてもらいました。
24hポイント 0pt
小説 39,331 位 / 39,331件 ファンタジー 13,797 位 / 13,797件
文字数 86,210 最終更新日 2018.11.11 登録日 2018.08.22
1