タカベ タクト

タカベ タクト

1
その被告人は有罪か?それとも無罪か?ヤクザの検事が謎を解く! 2060年。政府は刑事事件の増加により短期間で裁判の判決を下す政策を行った。 そんな時代のある検察官の物語。 幼いときにある事件で両親を亡くした京極武瑠は妹とともにヤクザである母方の祖父の家に引き取られた。それから月日が経ち、実家がヤクザで見た目もヤクザながら検事となった武瑠は法廷、現場で事件を解決していく。 ※検察官をメインとした作品のため、実際の司法制度とは異なります
24hポイント 42pt
小説 8,692 位 / 65,925件 ミステリー 112 位 / 1,630件
文字数 7,092 最終更新日 2018.09.02 登録日 2018.08.31
1