1
外は色鮮やかな花々から春の匂いがする頃。京都市内にある11階建てのマンションの一室から今日も怒鳴り声が聞こえる。 親:「なんやこれは!汚ったない部屋やのぉ!はよ片付けろ!金食い虫が!」 当たり前のように見て見ぬふりをする大人達。 これは私が幼少期からリアルに起こっていた毎日を、私の目線から書いた話。 私は3姉妹の2つ上と5つ上の姉がいる末っ子に産まれた。1番上の姉【M】はレッド症候群(身体障害者)で1人では私生活は送ることが出来ない。その為、私は2つ上の姉【J】と日々協力し合い生きてきた。 私達は母から身体的、精神的苦痛を与えられた日々を生きた。それでも、私はたった1人の母に愛されたいとただ願い、母にとっての良い子(言いなり)になり続けた。 そんな一方通行な愛は私達に注がれることはなかった。 そんな先の見えない、繰り返しの毎日を必死に生きていく。
24hポイント 0pt
小説 63,831 位 / 63,831件 エッセイ・ノンフィクション 1,843 位 / 1,843件
文字数 1,085 最終更新日 2019.09.28 登録日 2019.09.28
1