夜桜サトル

夜桜サトル

桜が好きで特に夜の桜が好きです。ライトアップされた月夜の桜、ライトアップされてない闇夜の桜、どちらも美しく儚げで落ち着きます。なので『夜桜サトル』と名乗ることにしました。
1
舞台は【神奈川県横浜市】。 『横浜相席居酒屋ハッピーチョイス』のリア充(リアルに充実)している店長は、求人面接で、一人の男を馬鹿にして殴られる。 その男は、42歳になるまで、『富士の樹海』の奥で猿達と生活していた、樹海男であった。 樹海男は馬鹿にされたことにプライドが傷付き、「謝ってオラのことを雇うまで帰らない」と言う。 店長は警察に連絡して、樹海男を追い出すが、樹海男のしつこさに何かを感じ、ある条件をクリアすれば、謝って雇うことを考えてもいいと言い放つ。 条件は『閉店時間までに、新規の女性客三人を連れて来ること。ただし、美女で十八歳以上であること、北海道出身と京都出身と沖縄出身であること、A型と0型とB型であること、そして最後に処女であること』であった。 樹海男は即答する。 しかし、今までこの条件をクリアできた者はいなく、不可能な条件であった。 さらに『横浜』の人間達による数々の試練が、樹海男に襲い掛かるのであった。 ※他サイトでも投稿されている重複投稿作品です。
24hポイント 0pt
小説 77,252 位 / 77,252件 キャラ文芸 1,869 位 / 1,869件
文字数 36,165 最終更新日 2019.07.03 登録日 2018.09.22
1