1
 これは私がまだ子供の頃、おばあちゃんがよく話してくれた伝説だ。  この世界には、絶対的な超越者"神"が存在する。人やこの世の域を凌駕した存在であり、仮に"神"という言葉で表しているのみで、或いはそれをも超越した、理解すら及ばぬ"何か"なのかもしれない。  神は、まず人を創り、そして秩序と安寧を創った。だがそれは、故に平等なものであり、人とはそれを良しとするほど、平穏な心を持ち合わせてはいなかった。だからこそ人は醜き争いを生み、人も世界をも傷つけ歪め、貶めた。すると、それを快く思わぬ神は憤慨した。神は、秩序と安寧の他に、裁きを世界の理に組み込んだ。人々は神を恐れたという。その裁きはあまりにも残酷すぎたからだ。そしてその裁きは、神の天秤により有無が決定される。神は因果律をそう創ったのだ。こうして神の天秤により多くの者が裁きを受け、残された善良な人々は平穏に暮らした。人と世界は、神の裁きによって救済されたのだった。  だが、神に定められたその因果律は、果たして救済と呼べるのか?神による縮図に象られた理に則って、人は生まれ、死んでいく。果たしてそれは神の玩具と何が違うものか?  理に抗い、裁きを下された人は、曰く枷が解かれ、人でない何かに変貌するという。それは故に、神という絶対的存在の釣り糸から逃れた証なのかもしれない。 ――やがて人は、裁きに歪んだその何かを"黒きもの"と呼んだ。 夢のような異世界転生、数多くの可愛らしいヒロイン、チート能力、無双展開など一切無し。 泥沼のようにどす黒く濁った、情け容赦の無い暗黒世界。 そんな地獄の底の中に、救いに打ち捨てられた二人がいた。 一人は、最愛の妹を穢し殺められ、血反吐を吐きながら復讐に燃える騎士。 一人は、大切な者を失い、いまだ悲しみを引きずるか弱き少女。 これはそんな二人の哀れで愚かな物語。 哀れなほど冷たくて、愚かなほど温かい物語。
24hポイント 0pt
小説 60,265 位 / 60,265件 ファンタジー 19,342 位 / 19,342件
文字数 42,495 最終更新日 2019.06.09 登録日 2019.06.09
1