有野優樹(ありのひろき)

有野優樹(ありのひろき)

お芝居(声、映像)/物書き/お芝居を志しておりネットに小説投稿しております。WebサイトからTwitter・ブログ・ボイスサンプルへお繋ぎいただけます!
2
僕は中学2年生。名前は神庭 晋也(かんば しんや) いじめられている変わったいじめではなく普通の。 殴られ水をかけられ靴隠し 濡れ衣を着させられ謝罪要求 やられている時には顔をうつむかせ時間を過ごしていた 廊下ですれ違う時には無意味に 名前を叫ばれ、変なあだ名をつけられて。 だが楽しいこともあった 僕はアニメ好きでいわゆる「オタク」 仲間と秋葉原によく行きグッズを買い集めたり 友達の家で泊まり会をして テレビゲームをやって騒いだりして いたので変な考えをせずに済んだ いじめ集団「奴ら」 「奴ら」はいつも数人で行動している 移動教室の時も遊びの時もいじめの時も。 よく 「いじめられる方にも原因がある!」 とか聞くけどもしそれでいじめられている人が 取り返しのつかない選択を取ってしまったら 「原因がある!」と発言した人や 問題視しなかった学校側、見て見ぬ振りをしていた友達 「共犯」になってしまうのではないかと考えている テレビでは事後報告のニュースを やっているが「最中」を取り上げるべき 後に問題にしても戻ってこない わかったふりをしている 責任逃れをする大人は嫌いだ 大人なんてRPGでいうレベルが高い割に スキルがなくレベル(歳)が高いだけ だけど、学年主任の澤田先生だけは違う オタク仲間でよく話すのは 小平(こだいら)と大木(おおき) そしてオタク仲間と「奴ら」どちらにも 属していない小田 和(おだ かず)という友達が居る 和もアニメ好きではあるが「奴ら」とも仲はいい 成績は一桁であっけらかんとして 持ち前の愛嬌で先生からも好かれている 人の懐に入り込みなんでも話せてしまう 体育の授業、僕は「奴ら」と受けたくないので わざと体育着を忘れる。校庭を走っていると 後ろから砂をかけられたり笑われたりするから。 和は授業が始まる前毎回 「俺も休む」と言う 体育着もあるし運動もできるのに 見学中はいつもこんな話をする 「あの子足、えっるぉいよな」 「やばい」 「お前も思い出しながらすんだろ?」 「ん?なに‥あ、え(笑)しないよ 和はやってんだろ?」 「当たり前じゃん」 「きんもっ」 「神庭どう言うのが好み?」 「僕は‥このクラスには居ないかなぁ」 「えっ!?狙ってんのいるの!?」 「狙うって言うなよ」 「誰々!?」 「今度いう」 和には言ってもいいかな ある日の学校
24hポイント 0pt
小説 64,346 位 / 64,346件 ライト文芸 2,463 位 / 2,463件
文字数 27,875 最終更新日 2019.03.17 登録日 2019.03.17
喫茶店へ入った男 この男は女性沙汰も無く ただ仕事を毎日しているだけで刺激がない なんとなくコーヒーを頼みパッと店員さんを見ると‥。 自分のドストライクの女性が!? あることをきっかけに連絡先を交換して 休みの日に待ち合わせ、食事に出かける事に。 男はなかなかリードする事ができず 女性の言葉にのるばかり。 これではだめだ‥んっ!よし! と、思ったら‥? 恋をしばらく休んでしまっている時 成人してからの恋(?)のワクワクを描きました! 好きを見つけたくなる、思わず口角が上がってしまうストーリーです
24hポイント 0pt
小説 18,906 位 / 18,906件 恋愛 4,836 位 / 4,836件
登録日 2019.02.25
2