1
タイトルの意味:『禿鷲の願い 白鳥の祈り』 産まれた時から死体を漁る忌むべき者として 疎まれてきた僕。 ある夜一人の女性に出会い、自分にはない美しさ、純真さに心を打たれ彼女に全てを捧げる決意をする。 蠍の奴隷である彼女を救うべく 「七月七日七夕の日に天の川の辺に銀の葉の笹生ゆる。さすればそれを給ひて手順を踏み崇高な儀礼を行へば汝の願いは叶うだろう」 という言い伝えに一縷の望みを賭ける。そして僕と彼女は夏の大三角形へと旅することに。 通過儀礼のためこと座、わし座、白鳥座それぞれ巡りながら神秘的な光景や辛い現実を目の当たりにした先に僕らの手元に残るものはなんなのであろうか?
24hポイント 0pt
小説 125,873 位 / 125,873件 ライト文芸 5,151 位 / 5,151件
文字数 21,262 最終更新日 2021.05.20 登録日 2021.04.30
1