3
『ほろ苦い青春と淡い初恋の思い出は・・  黄昏色に染まる校庭で沈みゆく太陽と共に  儚くも露と消えていく』 ある朝、 目を覚ますとそこは二十年前の世界だった。 小学校六年生に戻った俺を取り巻く 懐かしい顔ぶれ。 優しい先生。 いじめっ子のグループ。 クラスで一番美しい少女。 そして。 密かに想い続けていた初恋の少女。 この世界は嘘と欺瞞に満ちている。 愛を語るには幼過ぎる少女達と 愛を語るには汚れ過ぎた大人。 少女は天使の様な微笑みで嘘を吐き、 大人は平然と他人を騙す。 ある時、 俺は隣のクラスの一人の少女の名前を思い出した。 そしてそれは大きな謎と後悔を俺に残した。 夕日に少女の涙が落ちる時、 俺は彼女達の笑顔と 失われた真実を 取り戻すことができるのだろうか。
24h.ポイント 0pt
小説 183,824 位 / 183,824件 ライト文芸 7,353 位 / 7,353件
文字数 184,356 最終更新日 2024.04.20 登録日 2024.01.30
『情けは人のためならず』 僕の名前は八木明人。 三十二歳。 親しい友人はいない。 女性恐怖症で交際相手もいない。 当然、独身。 そんな僕には誰にも言えない秘密があった。 ある時、 その秘密が誰かに知られていることがわかった。 細心の注意を払っていたにもかかわらず、 どうして知られることになったのか。 その人物は僕の行為を一部始終、 どこからか見ていたとしか考えられなかった。 その人物の目的は何なのか。 その人物は僕のストーカーなのか。 ストーカーは僕の身近にいる人物に違いなかった。
24h.ポイント 170pt
小説 6,485 位 / 183,824件 ミステリー 51 位 / 4,168件
文字数 135,329 最終更新日 2024.04.20 登録日 2024.02.19
『誰が生き残るのか。  あなたは絶対にこの物語の結末を推理することはできない』 臣と呼ばれる地方に 里の者が決して立ち入ることのない山があった。 その山は嘗ては「天狗山」と呼ばれていた。 しかし、長い歴史の中で その山の名前は人々の記憶から消えていった。 ただ山だけがそこに存在していた。 深山幽谷には 人ではない何かが住んでいると言われている。 「夜霧」 それがこの山に住む一族の名である。 夜霧の屋敷は山の奥深くにひっそりと建っていた。 屋敷の広大な敷地には本宅を中心として、 七つの別宅があった。 北には子の宅。 東には卯の宅。 南東に巽の宅。 南には午の宅。 南西に坤の宅。 西には酉の宅。 北西に乾の宅。 ある朝、 十五歳の誕生日を迎えたばかりの四女の亡骸が 別宅の一つで発見された。 それは兄妹達の中に 否が応でも夜霧の掟を思い起こさせた。 今、その掟に従い 生き残りをかけた熾烈な世継ぎ争いの幕が 切って落とされた。
24h.ポイント 0pt
小説 183,824 位 / 183,824件 ミステリー 4,168 位 / 4,168件
文字数 80,009 最終更新日 2024.02.11 登録日 2024.01.26
3