1
「えーっと、ごめんね?」 「はい?」 「勇者召喚中に事故っちゃった」 目を覚ましたら変な所にいた。 暗がりの天井に、横にあったのは…牛の顔。 「おおー!  目を覚ましたぞー!!」  えっ?何?何だって?牛が喋ってない? そんなことを考えていると、一番偉そうな奴が前に出てきた。 「新しき我が同胞よ、魔物としての誇りを持ち、人間共の世界を征服する為に頑張ってくれ」 …………はぁ?! どうやら私は、魔物に転生してしまったらしい。 しかも男の魔物として! 私、女なんですけど!!
24hポイント 0pt
小説 99,617 位 / 99,617件 ファンタジー 26,805 位 / 26,805件
文字数 13,203 最終更新日 2018.12.15 登録日 2018.12.09
1