2
ある日の夜、不死身の魔女シルフィアは自分の森に赤子が捨てられていたことに気付き、気まぐれで育てることにした。子供の成長を感じる度、心に温かいものが湧いてくることに気付く。 幸せを感じていた矢先、少年が忽然と姿を消してしまい、悲観するシルフィアだったが、「なんて馬鹿な子」と自分に言い聞かせ、寂しさを紛らわせていた。 数年後、たくましく成長した子供がシルフィアのもとに現れるが……?
24hポイント 0pt
小説 58,674 位 / 58,674件 恋愛 14,117 位 / 14,117件
文字数 2,907 最終更新日 2019.07.16 登録日 2019.07.16
とある夜、不死身の魔女シルフィアが自分の住んでいる森で赤子を拾って育てることに。気まぐれで拾った子供だったが、その子が大きくなる度に幸せを感じるシルフィア。しかし、少年は忽然と姿を消し、彼女は再び二人ぼっちに。数年後、彼女の前にたくましく成長した子供が帰ってくるのだが――。
24hポイント 0pt
小説 19,513 位 / 19,513件 恋愛 5,067 位 / 5,067件
登録日 2019.07.06
2