沙犬弐式

沙犬弐式

新たな年度を迎えると共に、私も新生活を始めることとなりました。今年の抱負はズバリ、『約束は守る』です。 今年度もよろしくお願いします。
2
「ここは?」 「グランフィアヌスです」 「貴方は?」 「貴公らを召喚したものです」 「なんで?」 「この世界の歪み、隷帝の討伐を依頼したいからです」 勇者召喚。誰もが一度は聞いたことのある単語だ。実際に、そうであって欲しい。 私は更科翡翠。『更科』と書いて『さらしな』と読む。大抵の人が『こうか』だとか『さらか』って読んでしまうのが、悩みの種だ。 友達、肉親、頭脳、運動神経に恵まれ、充実した高校生活を満喫していた。しかし終わりは唐突にやってきた。 ある日、登校したら、異世界召喚というやつに出くわした。クラスの数名の男女を異世界に召喚するつもりだったらしい。らしい、というのは私が術者(誘拐兼拉致未遂犯)を取っ捕まえて事情を説明させたからだ。我ながら荒々しかったと反省している。 それで、術者が言うには、この世界の秩序を乱す隷族の王、隷帝をぶっ倒して欲しいらしい。奴隷の王様?意味わからん。ぶっ倒す?訳分からん。 そもそも私達に戦う力なんて備わってないわけで……。 え……?ステータスを確認しろって?なんだよステータスって。聞いてみると、なんと個人情報が書かれているらしい。誰が調べてんだよそんなの。 ステータスを開いて確認すると、シークレット情報のオンパレードだった。スリーサイズからお気にの下着の柄まで、下の方にひっそりとではあるが確かに記載されている。 このステータスは神様が記しているらしい。変態神にはいつか鉄拳制裁を喰らわせなければならないな。 話が脱線してしまったが、隷帝を討伐するために変態神からギフトが与えられているらしい。起動すると、それぞれ素晴らしい力が具現化するのだとか。 聖剣、結界、古代魔法等と様々な良い感じのギフトを授けられていく同級生の中、私のギフトはと言うと、 『神の脚』 パッと見ただけでは能力も概要も全く分からない抽象的すぎるギフトだった。ああ、リセマラしたい。 ところがどっこい、これが使ってみると割と面白い。 ある意味このギフトが一番の当たりかもしれない。 さあ、ちゃっちゃと隷帝とやらを討伐して、地球の返してもらえるように交渉しますか。……へ?帰れない?そんな馬鹿げた話があってたまるかーッ‼︎ 私と二十一人のクラスメートの戦いの火蓋が、今、切って落とされる……ことを祈る。 改めまして、読者の皆々様、紗犬弐式でございます。『さけんにしき』って読むよ! 怪我から復帰して数日、まず最初にやろうと思ったのは異世界覇者の連載……ではなく、『新しい小説書きてぇなぁ』でした(笑)。というわけでなんのプロットもなく投稿してみたのがこの〈被与神〉です。もちろん異世界覇者も再開すると思うんでそこんとこよろしく〜。 あと紹介できんの五十文字しかねぇな…。 ということでこの〈もら神〉、何卒よろしくお願いします。私見だけど面白い作品になると思うよ。ではでは!
24hポイント 0pt
小説 58,964 位 / 58,964件 ファンタジー 19,067 位 / 19,067件
文字数 6,053 最終更新日 2018.04.08 登録日 2018.04.07
藤原晴翔三十六歳独身は死んだ。 目を開くと目の前には神々しいロリ幼女が! 「にゃっは~、はるにゃんはもう死んじゃったにゃよ。あにゃたには二つの選択肢があるにゃ。ひとーつ、このままあの世に召される、ひとーつ異世界て……」 「異世界転生で!!!!」 そして結界魔法とチート便利魔法を授かり、 「レッツにゃゴー」 ロリ幼女とともに異世界へ! 目を開くとそこには焼け爛れた村だったものが。 なんか魔王やらが頑張ってるらしい。 しかし生前独身だった晴翔の望みはただ一つ。 「異世界覇者に、俺はなる!」 魔王なんざ知るか!世界の危機なんか知るか! 晴翔は今日も異世界を自由気ままに放浪する。 チワワです 間違えてアプリを消去してしまったので、改めて書き直します。 本当に申し訳ございません。
24hポイント 7pt
小説 17,210 位 / 58,964件 ファンタジー 4,588 位 / 19,067件
文字数 50,825 最終更新日 2018.01.19 登録日 2017.12.27
2