4
恋愛 連載中 長編
「頭が高いぞ!わらわを誰だと思っておる!わらわは23代目女王であるぞ!ひれ伏し、崇めよ!」 「そう…わたくしは11代目女王ですわ。よろしくお願いいたしますね。 王家の決まりにより、しばらくこの離宮にて過ごして頂きますわ。衛兵たち、23代目女王を隣の部屋へお連れして頂戴。」 ハッ! 「なにをする!触るな無礼者!」 そして、23代目にその後わたしが会えることはなかった。 大陸一の大国ブリスリーゼ。長い歴史を持つその国は代々女王が治めてきた。 そしてその王家には代々女児しか生まれない。18を迎える成人の儀で、王女たちは前世、前々世、またその前の記憶を取り戻す。ブリスリーゼ国女王であった記憶を。 ブリスリーゼ王家に生を受ける女児たちは何度生まれ変わっても、その王家に生を受けるのだ。何十何百年と経った時代で前世の記憶を生かすも殺すもその女王次第。それは呪いか…はたまた天からの恵みなのか…皮肉にもその記憶のお陰で女王たちはいまの大国へと国を発展させてきた。 わたしの姉は23代目女王。 母は11代目女王、そして現57代目女王だ。 そして…第二王女のわたしセレンもまた、来年18歳を迎える。わたしは何代目女王の記憶を取り戻すのか……。いまの人格さえも変えてしまう強い記憶の力。わたしは…わたしのままでいられるのかな……。 不安と葛藤に押し潰させそうになった王女セレンは18を迎える一年間だけ国を出ることを決意した。そして渡った海の先で初恋に墜ちた相手は身分を隠した王子だった。 いずれ、国へと戻らなければならない運命にセレンは王子への思いを隠し通さなければならない。
24hポイント 71pt
小説 5,395 位 / 44,992件 恋愛 1,884 位 / 10,702件
文字数 8,046 最終更新日 2019.04.24 登録日 2019.04.17
恋愛 完結 長編
高校の入学式に事故に合い、植物状態となり二年の月日が流れた。病室に毎日お見舞いに来てくれた大好きなお父さん、お母さん。家族の深い愛をようやく知り、私は18歳で生涯を閉じた………はずだった。 目が覚めるとそこは病院とは似つかない煌びやかな部屋だった。 え……? 私が王妃……? え……? 子供が三人(王子)がいるの…? え……? 家族仲最悪で、夫も息子達も女と遊び回ってる…? 私、18歳で死んだから、好きな人もお付き合いもしたことなかったのに、いきなり母親になってしまった! 記憶をなくした王妃が、前世の記憶により性格が変わり、なんとか家族仲をよくしようと奮闘したり…夫に恋をしようと頑張ったり、ダメ王子たちを更正させようとはりきるお話です。 皆さん読んで頂いて本当にありがとうございます。予定よりだいぶ時間がかかってしまいましたが、ご意見、ご感想や応援してくださったみなさんのおかげでなんとか完結することができました。 長い間、待っていてくださったみなさま、そしていま読んでくださっている皆様も本当にありがとうございます。 これからも、よろしくお願いします。
24hポイント 731pt
小説 1,177 位 / 44,992件 恋愛 426 位 / 10,702件
文字数 70,647 最終更新日 2019.04.14 登録日 2018.11.20
恋愛 連載中 長編
「あいしてる……。」 いつもの冷徹な顔を崩して、微笑む先生…… 優しく頭を撫でるその手が触れているのは、私の親友だった。 初めての恋だった。鈍い私のココロはそれが恋だと気づいてはくれなかった。 ただただ、日常がすぎる中で、残酷な形で神様はこの恋を気づかせてくれた。 可愛くて大好きな親友、愛莉(あいり)と、 冷徹だけど、愛しい神谷(かみや)先生。 そして私、涼宮 美鈴(すずみや みれい)の いろんな人たちを巻き込んだ青春の日々。 「……さよなら。二人とも大好きだよ。 」
24hポイント 14pt
小説 10,629 位 / 44,992件 恋愛 3,470 位 / 10,702件
文字数 5,834 最終更新日 2018.07.04 登録日 2018.07.02
恋愛 連載中 長編
一度は憧れる夢と魔法に溢れた世界。青い月と赤い月が空で寄り添い、静寂の森に漂う幾つもの淡い光たち。その幻想的な風景を前にして百合香はただ呆然と立ち竦んでいた…。 聖女として異世界に召喚された百合香(見た目18歳)。 輝くような金髪、碧く吸い込まれるような瞳と知的さを感じさせる切れ長の二重、整った鼻筋と誘うようなくちびる。その美しい容姿から人々は女神のようだと囁きあった。 魔を払い、たくさんの恩恵を与えたことから…人々に崇拝され、王子たちには求婚され、明るい未来が約束されているはずだった。 けれど、百合香にはどうしても日本に戻りたい理由があった。 ……もう一度、あなたに会いたい。もう…私は後悔なんてしたくない。 異世界に渡り、会えなくなったことで、ようやく自分の心と向き合おうとする百合香。しかし、それは果てしなく遠い道のりだった。 百合香は最後に何を願い、選ぶのか… 初めての作品です。文章力も未熟のため、アドバイスや間違いの指摘などありましたら、是非よろしくお願いします。完結目指してがんばります!温かく見守って頂けると幸いです。
24hポイント 14pt
小説 10,629 位 / 44,992件 恋愛 3,470 位 / 10,702件
文字数 32,352 最終更新日 2018.07.04 登録日 2018.02.02
4