内藤 晃一

内藤 晃一

4
日本が、生まれ変わって、世界人類を救う
24hポイント 0pt
小説 55,726 位 / 55,726件 経済・企業 149 位 / 149件
文字数 203,406 最終更新日 2019.09.11 登録日 2019.01.26
先ず、1億円貯めて、社会改革に乗り出す。1週間j・1割で、複利で回せば、25週・半年で10倍。50週・1年で100倍に成る。
24hポイント 0pt
小説 55,726 位 / 55,726件 経済・企業 149 位 / 149件
文字数 147 最終更新日 2018.01.10 登録日 2017.10.23
「人工知能」関連に物色人気再燃の兆し、政府がAI用新型半導体支援<注目テーマ> 2017/12/12(12:20) ★人気テーマ・ベスト10 1 全固体電池 2 ロボット 3 仮想通貨 4 人工知能 5 量子コンピューター 6 5G 7 人材派遣 8 半導体製造装置 9 電気自動車関連 10 技術者派遣  みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「人工知能」が4位となっている。  人工知能(AI)は株式市場において安倍政権が目指す日本版インダストリー4.0の中核を担う最強テーマとして折に触れ相場の物色動向を左右する。世界的にもグーグルやアマゾン、エヌビディアとった象徴銘柄はもちろんのこと、他業態の大資本企業も業界の垣根を超えてAI分野の研究開発に傾注している。自動運転車、ロボット、バイオ創薬、ドローン、フィンテックなど市場の有力テーマである技術系分野において、AIはそれらに横ぐしを通すように密接に絡み、イノベーションへの導火線となる。  経済産業省はAIのデータ処理などに特化した半導体についてベンチャー企業などの開発を支援する姿勢を早くから打ち出しているが、直近、読売新聞などを通じて、自動運転車やロボットに搭載するAI向け新型半導体の開発支援に乗り出すことが伝わり、関連株を強く刺激している。開発を目指すのは通常より処理速度が10倍以上で、電力消費量が100分の1以下のAI用半導体であり、これが実用化されれば同分野に経営資源を投入する一連の銘柄群の業容拡大チャンスにつながる。  個別にはデータセクション<3905.T>やフォーカスシステムズ<4662.T>が4日続伸と上値追い態勢、カドカワ<9468.T>、日本サード・パーティ<2488.T>、イメージ ワン<2667.T>なども高い。ほかにAI関連としてはJIG-SAW<3914.T>、テクノスジャパン<3666.T>、ブレインパッド<3655.T>、ロゼッタ<6182.T>、メタップス<6172.T>、ALBERT<3906.T>、インテリジェント ウェイブ<4847.T>などが挙げられる。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ) 配信元: この銘柄の最新ニュース イメージワンのニュース一覧 <12月13日の十字足示現銘柄(売りシグナル)> 今日 07:34 【買い】イメージワン(2667)サポート反発から続伸期待。 2017/12/13 <12月12日の陽線包み足達成銘柄(買いシグナル)> 2017/12/13 週間ランキング【値上がり率】 (12月8日) 2017/12/09 週間ランキング【約定回数 増加率】 (12月8日) 2017/12/09
24hポイント 0pt
小説 55,726 位 / 55,726件 経済・企業 149 位 / 149件
文字数 17,837 最終更新日 2017.12.28 登録日 2017.12.16
恋愛 連載中 長編
理想の実現・新しい愛の為に。・・・内藤 晃一(ナイトウ コウイチ) 伸介は、はい、宜しくお願いします。と言った。父兄の参観日で、楽しい授業が、終わったあと。階段の踊り場で、伊奈垣さんのお母さんが、追い着いて来て、伸ちゃん、家の恵子のお婿さんに成って。と言って呉れた。 伸介は、何時も、何の啓示か、考えていたから、直ぐに決めた。 今は、バイパスに成って、居るが、伊奈垣さんの家は、広い庭に畑が、あって、掘り抜きの井戸があった。 いつも、呼ばれて、みんなで、スイカをご馳走に成ったり、楽しかったが、特に、お金持ちでも無いのに、何故、歓待して呉れるのか、考えたが、他の金持ちの家は、別に、其処の家の子供に成れる訳では、無かったが、敏子お母さんは、伸介を世に出す為に、働いて呉れる人だと、分かった。 伸介が、ナポレオンで、敏子お母さんが、ジョセフィーヌの関係だった。 伸ちゃん、比佐積先生は、闇市の古本屋で、未亡人の性生活なんて言うのを、立ち読みしてたのよ。なんて、本当に必要な、秘密の話をして呉れた。 伸介は、英雄、色を好むだから、どうしても、性生活の安定は、必要だった。 恵子さまは、伸介の事を、神のように、尊敬して呉れていた。 伊奈垣さんの家は、お母さんと兄さんと、恵子さんと、3人家族だった。 兄さんは、既に、八王子市役所に勤めていた。俺達は、小学5年だったが、 伸介は、ませていたから、お母さんに、申し込まれても、可笑しく無かった。 ラッキーと言うような者だ。女が欲しくて、困っていたのだ。 世間師のお母さんが、見抜いて呉れたのは、有難たかった。伸介は、歌の天才だったが、誰も、その道へ渡りを付けて呉れる人は、居なかった。 比佐積康夫先生は、伸介は、ダークダックスの様に、歌を唄いながら、大学を出ると、言って呉れていたが、子供が、働くのは良くない。真面目に勉強しろと言う、考えだ。これでは、伸介は、困る。 働いて、貧しい家族を養って、自分も女に困らない、生活が欲しかった。 敏子お母さんは、世間師だから、兎に角、積極的に大運動を、して呉れた。 伊奈垣の勲兄さんは、陸軍幼年学校、東大農学部の秀才で、苦味走った、物凄い良い男だった。木製のベッドに寝ていて、ハイカラだった。 ビタミン・ミネラル・酵素・ホルモンの研究を、して居て、食べ物で、病気を治し、健康増進が専門だった。 もう、その日から、月の半分は、伊奈垣さんの家に泊まって、暮らしていた。 友達には、河西工業のお嬢様とか、森章の孝枝さまとか、右田病院の院長のお嬢様とか居たが、金持ちのお嬢様に憧れても、金持ちのお嬢様は、職業訓練を受けてないから、無能だ。役に立たない。 貧乏人の小娘の方が、苦労してて、役に立つ。 伸介は、こんなに、上手くは、歌えないな。と思っても、直ぐに、同じ声で、
24hポイント 7pt
小説 16,982 位 / 55,726件 恋愛 5,626 位 / 13,277件
文字数 1,146 最終更新日 2017.04.27 登録日 2017.04.27
4