2
青春 完結 ショートショート

飼い主に従順で、 滅多に吠えなかったその犬は 目の前の欲望に負けていた。 そして、 美味しい食べ物も 寝心地の良い寝床も ここには全て揃っているというのに、 なぜ、 この大草原で走っているのは 「自分だけなのか。」 そう考えて立ち止まった。 サー・・・サー・・・サー・・・ 川の流れる音が聴こえてきたその先には はるか遠くで 山々が連なっていることに気づいた。 「きっとその奥には誰かがいるはずだ。」 そう考えた犬は、 はるか向こうの山脈に向かって叫喚した。 本来出せるはずのない、 まるで、狼のような甲高い声で。 届かぬはずのその声は、次第に消えてゆき、 犬をさらに孤独にさせた。 そして、犬は今までの過去を振り返った時 これまで得てきたことが、 今の孤独に繋がっていることに気がついた。 なぜならその得は、 その犬の人格・精神・思考を 一人で生きていくための基礎として変貌させたのだ。 今まで虐げられていた息苦しい環境に反抗し 虚勢を張りながら生きたその生き様が 何の意味も持たなかったことに 犬は 「滑稽だ」 そう言って前へ進んだ。
24hポイント 0pt
小説 58,988 位 / 58,988件 青春 2,992 位 / 2,992件
文字数 932 最終更新日 2019.10.01 登録日 2019.10.01
小学6年生の時に親が離婚。中学時代は部活に没頭し、高校2年生で迎えた反抗期では「家事はもうやらない」と決意した。 しかし次第に「家事をやらない」ことが原因で肩身が狭く、家に帰ることがストレスになっていく。彼女は掛け持ちでバイトに明け暮れ、バイト帰りは父親の家でご飯を食べて帰る日々が続いていた。そして、高校3年生(18歳)の時、喧嘩中に「一人暮らしだったら。」そう言ったことが原因で大喧嘩をする。 それから専門学校に入学した彼女は、「一人暮らしをしたい!」と言って母親に抗議するようになる。 2回目は父親に同行してもらい部屋の下見に行ってから抗議。 3回目はお金を貯めて1人で不動産に行って抗議。 しかし、一向に1人暮らしを許してもらえない彼女は、1度反省し「もう一人暮らしはしません。」と感謝と謝罪の手紙を書くが・・・ 「誰もが1度は思うもの。」「子供は親の気持ちを分かっていないだけ。」「一人暮らしは社会人になってから。」「喧嘩するのは心配されてるから。」 なのに彼女はどうしてそこまでして一人暮らしをしたかったのか。なぜ彼女は、親の援助なくして1人で暮らしていけるほどの生活力があったのか。 彼女の幼少期〜成人までを綴った物語。
24hポイント 0pt
小説 58,988 位 / 58,988件 エッセイ・ノンフィクション 1,596 位 / 1,596件
文字数 6,291 最終更新日 2019.09.25 登録日 2019.09.23
2