西村守博(日浦森郎)

西村守博(日浦森郎)

3
 車椅子の人になってしまいました。左脳の半分程度をやられてしまい、身体の右半分が駄目になりました。それだけではなく、高次脳機能障害というやっかいな後遺症にやられてしまい、同じように知的生活を送れなくなってしまいました。  いわば、このポンコツになった頭で、小説を書くのは心苦しいのですが、とにかく進めてみたいと思います。もし、上手くいって、長編小説を書くことができれば、こんな嬉しいことはありません。  私が得意なのは、昔から霊的な世界ですが、スピリチュアルフィクション(新S・F)と名づけています。
24hポイント 7pt
小説 26,806 位 / 111,657件 ファンタジー 5,226 位 / 29,021件
文字数 5,188 最終更新日 2021.07.07 登録日 2021.06.01
 小桜姫というのは、今から約五百年ほど昔、関東地方(相州新井城が最後)に勢力をはった、豪族(三浦氏)に嫁いだ姫の名前です。鎌倉の大江氏の出身でしたが、嫁ぎさきの三浦荒次郎義意(よしおき)の滅亡と相前後して、寂しくこの世を去りました。齢三十半ばでした。  しかし、いまここで戦国時代の話をしたいのではありません。  小桜姫という人物が、浅野和三郎という学者であり心霊主義者でもある人の力を借りて、昭和年代に甦ったのがまず第一です。小桜姫という名は、それまで諸磯神明社という神社に、小桜神社として存在していただけで知られていました。昭和年代まで、これだけで知られていたのです。しかし、浅野和三郎という心霊主義者があらわれて、今日のごとく世に問うたことに始まり、我々は小桜姫を知ることが出来るようになりました。これで小桜姫という名が有名になり、滅ぼした北条早雲よりも、少なくとも心霊世界では有名になったはずです。  私はこの昭和初期に有名になった小桜姫を、もう一度フィクションの人物として登場させたいと思っています。  もちろん現代でも、某宗教家が小桜姫の登場する本を出版したことがあります。それはそれとして、私はフィクションとして小桜姫に命を吹きこみたいのです。もう一度小桜姫に、霊的な存在として甦ってほしいのです。  それはなぜですか? と、聞かれれば、私にも解りませんと言うしかありません。さくらが好きだから、桜の花が大好きだから、とでも言っておくしかないのです。  小桜姫の幻想奇譚を書くにあたって、私は自分に正直にありたいと思います。たとえフィクションだといえ、嘘はつかないと誓います。これがスピリチュアリストとしての意地です。  それでは、ぼちぼち始めましょう。小桜姫の面目躍如たるところが、少しでも描けますように! 
24hポイント 7pt
小説 26,806 位 / 111,657件 ファンタジー 5,226 位 / 29,021件
文字数 11,158 最終更新日 2021.03.16 登録日 2020.03.04
 ある日のことである。  右半身の不自由な真一が車椅子で国道を横断していると、車の不注意で事故にあってしまう。気がついた時には、以前の健常者の自分に戻っていて、戸惑ってしまう。はたして、真一はどうなってしまうのか。霊界を一つ一つたどりながら、はたして戻って来ることが出来るのか!  真一は死ぬのか、それとも、もう一度生きるのか!   
24hポイント 0pt
小説 111,657 位 / 111,657件 ファンタジー 29,021 位 / 29,021件
文字数 12,248 最終更新日 2020.06.30 登録日 2020.02.26
3