どんちゃん

どんちゃん

基本的にはなろうで書いており、こちらではなろうで書いた作品を修正して投稿しようと思っています。もし良ければ、ネット小説大賞最終選考作品。記憶喪失からの成り上がりを読んでもらえると嬉しいです。
3
 主人公ジェリド=ブラッドリーはキルヒアイゼン辺境伯の屋敷の一室で目を覚ますと記憶を無くしていた。  キルヒアイゼン辺境伯にそのことを伝えた頃、叔父に当たるアーノルド=ブラッドリー子爵が屋敷にやって来る。  彼はジェリドが記憶を失った事を聞きジェリドを引き取り自分の屋敷でジェリドを療養させることにした。  いくら療養しても記憶が戻らない事に痺れを切らしたジェリドは「記憶が戻らないなら1からまた学べば良い。学んでいく内にきっと何かを切っ掛けに思い出す」と言って武術や勉学に打ち込んでいく。  するとすぐに非凡で多才な才能が開花した為ジェリドの叔父であるアーノルド=ブラッドリー子爵は、ジェリドを王国の最高学位たる王立学園へ入学させることを決める。  そしてそこでも非凡な才能をみせていくが一向に記憶は戻らない。  いったい俺は誰なんだ? 小説家になろうでも連載中。 第5回ネット小説大賞最終選考作品です。 2章の途中から内容の一部を変更予定。
24hポイント 0pt
小説 64,140 位 / 64,140件 ファンタジー 20,052 位 / 20,052件
文字数 24,680 最終更新日 2018.02.04 登録日 2017.12.02
 主人公レイルは、大陸全土に最も影響力を持つ組織、魔法師協会の人間であり、その中でも屈指の実力を持つ、クルト王国出身の魔法師だった。  レイルの祖国であるクルト王国と、その南部で隣接する海洋国家ルセリア王国は、共に大国エルネス帝国とも隣接しており、その国土や資源などをエルネス帝国に狙われていた。  クルト王国とルセリア王国は、エルネス帝国の侵攻に備え、魔法師協会立ち会いの下同盟条約を結ぶ。  その条約の一環として主人公レイルは、5年の間ルセリア王国の防衛力を高める為に、ルセリア王国宮廷魔法師達の戦闘指導を行うと共に、クルト王国が攻められた場合を除き、エルネス帝国がルセリア王国に侵攻した際には、ルセリア王国防衛に当たるという契約を結んだ。  しかしルセリア王国は、エルネス帝国がクルト王国とルセリア王国に同時侵攻した際、クルト王国が攻められている事をレイルに秘匿してしまう。  ルセリア王国はレイルの活躍も有り、エルネス帝国を退けることに成功したが、クルト王国はエルネス帝国により滅ぼされてしまった。  レイルは情報を秘匿したルセリア王国を憎み、魔法師協会にルセリア王国の契約不履行を理由にレイルの契約破棄とルセリア王国への制裁を要求する。  その要求に、レイルの師匠でもある魔法師協会協会長が応え、『レイルに関してルセリアがなにか言えば地図から消してあげるから、安心して待ってなさい』と言い残し、ルセリア王国に直接乗り込みルセリア王国との交渉を行った。  しかし師匠はレイルをルセリア王国の宮廷魔法師からは外したが、残りの3年間をルセリア魔法学園で講師をしながら弟子を取れ。とレイルに命じてしまう。  師匠の命令は絶対だ。破る?有り得ない!!  レイルは師匠の命令を守るため、ルセリア魔法学園で講師をしながら弟子をとることとなる。  弟子の選考中とある少女と出会い、それをきっかけに、レイルはその少女と共に、クルト王国再興を目指すこととなる。 なろうでもまったり連載中ですが、なろうとは多少内容を変える予定です。
24hポイント 0pt
小説 64,140 位 / 64,140件 ファンタジー 20,052 位 / 20,052件
文字数 9,572 最終更新日 2017.06.09 登録日 2017.06.03
 冒険者ウリュウは、ある日とても綺麗な女性と出会い恋に落ちる。  数度のデートを重ね、彼女が吸血鬼である事、彼女もウリュウが好きなことを告白されるが、ウリュウは自らの信念に基づき、彼女の申し出を断ってしまう。そしてその時、とある事故が発生し、ウリュウは命に関わる怪我を負う。  彼女は必死にウリュウを看病したが、彼が目覚めた時、彼の記憶は消えていた。  彼女は後に決意する。「嫁がダメなら娘になるわ!」  彼女はウリュウの娘になりすます。  これは、最愛の娘の為に頑張る父親と、娘になりすまし、父を愛する娘の物語! なろうにて掲載中
24hポイント 0pt
小説 18,907 位 / 18,907件 ファンタジー 7,394 位 / 7,394件
登録日 2018.01.22
3