浪沙賀たゆた

浪沙賀たゆた

のらりくらりと小説を書いていきます。
1
 大好きなゲームの映画を見るため映画館に向かっていた俺は、知らない内に真っ暗な空間に立っていた。  どこだかわからずに戸惑っていると、スポットライトのような光と共に一人の女性が現れる。  女性は自分は女神だと名乗り、俺を事故死に見せかけて殺したと告げてきた。   その理由は異世界に転生させて、自分の守護している世界を救わせるためだった。    一見すると何事もない平和な世界だが、500年に1度現れるという勇者が全く現れないせいで魔の者の勢力が拡大しているという世界。  そこで魔の者の勢力拡大を抑えるために俺が選ばれたと女神は言う。  これがよくラノベとかである異世界転生ってやつか……?  フィクションの中だけの話だと思っていたものが現実となり戸惑っていたが、自分が勇者になれると思い胸を躍らせていた。  しかし、女神からは勇者になる素質はないと宣告されて、さらにはチート能力なども与えられないと聞かされる。  力も与えられない事に絶望していた時に、ふと疑問が浮かんだ……。  じゃあ、なんで俺なんかを選んだんだ?  当然の疑問だった俺の質問に対して、女神は話し始める。  女神の話を要約すると、俺が生前投稿していたゲーム実況動画のファンだったのだ!  そこで口癖のように言っていた「知識さえあれば、どんな状況だって打破できる!」という言葉に感動したってのが理由らしい。  現実とゲームを一緒にしないでほしいと思ったが、すでに異世界転生するしか道がない俺は女神の願いを受け入れ新たな人生を踏み出すことになる。  異世界で出会うちょっと変わった仲間たちに囲まれて、様々な出来事やトラブルに巻き込まれていく。  チート能力も与えられず何かこれといった才能があるわけでもない俺が、与えられた知識を駆使して世界を救うかもしれない物語。
24hポイント 7pt
小説 20,350 位 / 87,546件 ファンタジー 4,676 位 / 24,815件
文字数 35,797 最終更新日 2019.09.30 登録日 2019.08.20
1