成実ミナルるみな

成実ミナルるみな

作品外の事柄につきましては、ホームページかTwitterを使います。 純粋に作品を見る方はそのまま、それ以外の事も知りたい方はホームページあるいはTwitterを見ていただければと思います。
3
SF 完結 長編 R15
 四鹿(よつしか)跡永賀(あとえか)には、古家(ふるや)実夏(みか)という初恋の人がいた。出会いは幼稚園時代である。家が近所なのもあり、会ってから仲良くなるのにそう時間はかからなかった。実夏の家庭環境は劣悪を極めており、それでも彼女は文句の一つもなく理不尽な両親を尊敬していたが、ある日、実夏の両親は娘には何も言わずに蒸発してしまう。取り残され、茫然自失となっている実夏をどうにかしようと、跡永賀は自分の家へ連れて行くのだった。  それからというもの、跡永賀は実夏と共同生活を送ることになり、彼女は大切な家族の一員となった。  時は流れ、跡永賀と実夏は高校生になっていた。高校生活が始まってすぐの頃、跡永賀には赤山(あかやま)あかりという彼女ができる。  あかりを実夏に紹介した跡永賀は愕然とした。実夏の対応は冷淡で、あろうことかあかりに『跡永賀と別れて』とまで言う始末。祝福はしないまでも、受け入れてくれるとばかり考えていた跡永賀は驚くしか術がなかった。  後に理由を尋ねると、実夏は幼稚園児の頃にした結婚の約束がまだ有効だと思っていたという。当時の彼女の夢である〝すてきなおよめさん〟。それが同級生に両親に捨てられたことを理由に無理だといわれ、それに泣いた彼女を慰めるべく、何の非もない彼女を救うべく、跡永賀は自分が実夏を〝すてきなおよめさん〟にすると約束したのだ。しかし家族になったのを機に、初恋の情は家族愛に染まり、取って代わった。そしていつからか、家族となった少女に恋慕することさえよからぬことと考えていた。  跡永賀がそういった事情を話しても、実夏は諦めなかった。また、あかりも実夏からなんと言われようと、跡永賀と別れようとはしなかった。  そんなとき、跡永賀のもとにあるゲームの情報が入ってきて……!?
24h.ポイント 0pt
小説 185,403 位 / 185,403件 SF 5,125 位 / 5,125件
文字数 83,020 最終更新日 2021.08.11 登録日 2021.07.24
 一五歳の少年、バロン・ルメド・スーフィ・ラフォンは勇者であった。憧れであった父の跡を継ぎ、勇者となったのである。世は魔王が率いる魔族によって脅かされた混沌の時代。彼は父から受け継いだ剣を携え、魔王を倒す大冒険に出た。  この世界の大多数が信仰する宗教、トモノヒ教の信任と支援を得て、バロンは各地を旅し、人類の敵を打ち倒していく。その過程でヘヴィウォーリアーのズガンヅ、アークビショップのキュラスというかけがえのない仲間を得て、苛烈ともいえる苦難を乗り越えていく。  バロンには思い出があった。それは十年前、幼い日に出会った少女との記憶である。お姫様になりたいと願った少女に対し、バロンはそんな彼女を守れるような勇者になりたいと誓いを立てたのだ。その誓いを胸に、トモノヒ教に選ばれた正当なる勇者として、バロンは今日も行く。  ある日、トモノヒ教団から知らせが届く。それはついに来た魔王討伐の任である。バロンに断る理由はない。いざ、その任務を拝命するべく、トモノヒ教の総本山である法都トルカへと向かった。トルカではトモノヒ教に選ばれし勇者はそれだけで英雄のシンボルであり、希望の象徴であった。そんな勇者であるバロンを祝福・激励すべく、当然にトルカでは彼のパレードが執り行われた。名実ともに、自分も父のような勇者になれたと感慨にふけるバロン。そんな彼を後押ししたのは、トモノヒ教のトップである総教皇(そうきょうこう)であった。総教皇の宣言でもって、トルカの民であるトモノヒ教徒から称賛や期待の声を一身に浴びるバロン。魔王率いる魔族におびえる日々を送っていた人々は、彼という勇者を得たことで活気づいていた。  そしてその日は来た。人類の宿敵である魔王を討つべく、勇者であるバロンは父の形見である剣を握るのである。すべては自分の夢のため────尊敬する父へ報いるため、あの日守ると誓った少女に胸を張れる自分になるため。  そう、これはまさに勇者が魔王を倒す物語。
24h.ポイント 0pt
小説 21,298 位 / 21,298件 ファンタジー 8,271 位 / 8,271件
登録日 2021.09.03
 やあ皆さんこんにちは。  勇者です、はい。  このたび前世でひでえ目にあって異世界転生したわけです、はい。  そして持ち前のチート能力で現地で大暴れしたわけです、はい。  最強です、はい。  それでなんやかんやあって女の子たちと一緒に暮らしてます、はい。  昨今、巷では婚約破棄がどうしたこうしたと話題になっていますが、そもそもそんなホイホイ婚約破棄するならなんで婚約したんでしょうね、はい。  あ、ちなみに俺は婚約どころか彼女いません、はい。  彼女ほしいです、はい。  え? 『お前数行前にハーレムやってるて言っただろ』ですって?  違います、はい。    マオ。  長い髪の魔法使いです。お城に住んでいた箱入り娘です。さらいました、はい。  ミツル。  転生するときに神様に押し付けられました。クーリング・オフはききませんでした。ガングロのパツキンのクソギャルです、はい。    ロミーネ。  赤いツインテの小さな女の子です。なんか落ちてたので餌付けしたら懐きました、はい。  どいつもこいつも婚約どころか彼女にも至りませんでした、はい。  この物語は、異世界転生し最強の勇者となった俺が悪の宗教法人を成敗して田舎で悠々自適に過ごしていたら追放されかけたのでしかたなく真面目に働くといったサクセスストーリーです、はい。  あわよくば素晴らしい相手と交際して婚約してそのままゴールインできたら御の字です、はい  それでは始まります。  はい。
24h.ポイント 0pt
小説 21,298 位 / 21,298件 ファンタジー 8,271 位 / 8,271件
登録日 2021.09.03
3