2
 ある日の朝、目覚めると商会の会長兼社長の父親は既にいなかった。  珍しいこともあるもんだと思いながら、なにやら階下が妙に騒がしいと不審に感じながらものんびりと準備をして、店舗へ降りる。  そこでは従業員が、忙しなく閉業の片付けをしていた。  なんでも、顧客が減少した上に積りに積もった多額の負債で首が回らなくなり、父親は愛人の受付嬢と高飛びしたらしい。 「ちょっと私、聞いてないんだけど!?」  ロクデナシな父親は夜逃げをし、そして僻まれると嫌だからという理由で色々抑えていた万能少女が、自重を止めて無双し幸せになる物語。
24hポイント 170pt
小説 5,976 位 / 91,892件 ファンタジー 1,352 位 / 25,606件
文字数 235,523 最終更新日 2021.01.20 登録日 2020.11.27
 私はいつもの通学のために、電車に乗る。  駅にはいつも「視えない人」が結構いるけれど、それらの人達は案外色々なコトをしているものなんだ。  だけど、その人は違った。  ――只その場所にいるだけでなにもしない。  ――何処も見まい。  ――本当に、只、その場所にいるだけだった。
24hポイント 0pt
小説 91,892 位 / 91,892件 ホラー 3,364 位 / 3,364件
文字数 40,673 最終更新日 2020.12.11 登録日 2020.12.07
2