「1年間の逃亡生活」ちばてつやが体験した終戦

第二次世界大戦が終わると同時に、中国全土のあちこちで内戦が起こるように。そんな中、ちばてつや一家は……

『あしたのジョー』など数々の人気作品で知られる漫画家・ちばてつや氏、18年ぶりの連載作品!

『ひねもすのたり日記(1)』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

1939年に東京で生まれたちばてつや氏は、同年11月に朝鮮半島を経て、1941年1月に旧満州・奉天(現中国・遼寧省瀋陽)に渡りました。そして1945年に終戦、翌年中国より引き揚げています。

満州で育った、ごく普通の少年だったちばてつや氏は、いかにしてその後、国民的作家となったのか?

『ビッグコミック』にて連載中、ちばてつや氏が自身の半生を振り返るオールカラー・ショートコミック『ひねもすのたり日記』(小学館)より一部抜粋して、ご紹介します。

逃避行

©ちばてつや/小学館
©ちばてつや/小学館

※漫画『ひねもすのたり日記』(こちらをクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

(文=ちば てつや:漫画家)