あやかし道具店と見習い小説家君の日常

小説を書くのが趣味の高校1年生、海野龍之介。彼はある日遭遇した摩訶不思議な出来事をきっかけに、かつて交流のあった道具店の女主人ルネさんと再会し、彼女の思い付きで道具店でバイトを始めることに。しかもこの道具店は人間だけでなくあやかし向けにも営業をしていたのだ。彼はその事実に驚くもののそこまで気にしておらず、むしろ小説を書くのに良い刺激になると考えている程度だった。

これは、そんな二人を取り巻くあやかし達と人間達が織りなす日常を描いた物語。
24hポイント 0pt
小説 43,157 位 / 43,157件 キャラ文芸 1,254 位 / 1,254件