上 下
11 / 107

溜之間詰の諸侯なれば意知の若年寄就任に反対してくれると信じていた正明は当てが外れ、最後の悪あがきを試みる。

しおりを挟む
しおりを挟む