上 下
12 / 107

家治は御休息之間に更に老中と若年寄の両年寄ばかりを呼び出し、意知の若年寄就任について彼らからもその意見を聴く

しおりを挟む
しおりを挟む