上 下
13 / 107

忠休は意知より若年寄に相応しい者がいると答え、側用人の忠友が具体的な名を挙げるよう追及し、忠休は答えに窮し、意次が助け舟を出す。

しおりを挟む
しおりを挟む