上 下
14 / 107

意知を若年寄へと進ませることについて加納久堅のみが心底、大賛成し、そして将軍・家治は遂に意知を若年寄に進ませる決断をする。

しおりを挟む
しおりを挟む