婚約相手と一緒についてきた幼馴染が、我が物顔で人の屋敷で暮らし、勝手に婚約破棄を告げてきた件について

 カナリニッジ侯爵家の一人娘であるシャロットは、爵位を受け継いで女当主になる予定だった。

 他貴族から一目置かれるための権威を得るために、彼女は若いうちから領主の仕事に励んでいた。

 跡継ぎを産むため、ライトナム侯爵家の三男であるデーヴィスという男を婿に迎えることに。まだ婚約中だけど、一緒の屋敷で暮らすことになった。

 そしてなぜか、彼の幼馴染であるローレインという女が一緒についてきて、屋敷で暮らし始める。

 少し気になったシャロットだが、特に何も言わずに受け入れた。デーヴィスの相手をしてくれて、子作りを邪魔しないのであれば別に構わないと思ったから。

 それからしばらく時が過ぎた、ある日のこと。
 ローレインが急に、シャロットが仕事している部屋に突撃してきた。

 ただの幼馴染でしかないはずのローレインが、なぜかシャロットに婚約破棄を告げるのであった。

※本作品は、少し前に連載していた試作の完成版です。大まかな展開や設定は、ほぼ変わりません。加筆修正して、完成版として連載します。
※カクヨムにも掲載中の作品です。
24h.ポイント 1,093pt
59,322
小説 1,169 位 / 185,285件 恋愛 580 位 / 56,265件